ここから本文です

1か月で50万個売れたスイーツ「チューリップローズ」、東京駅に7月30日上陸

7/16(火) 21:30配信

アーバン ライフ メトロ

1か月で50万個の売り上げを記録

「銀のぶどう」や「ねんりん家」など人気スイーツブランドを数多く展開するグレープストーン(中央区銀座)の新ブランド「TOKYO チューリップローズ」が、第2号店を東京駅にオープンします。

まるで秘密の花園、「チューリップローズ」(13枚)

 同ブランドは、名古屋と大阪での期間限定ポップアップストアが連日完売の人気を博し、西武池袋本店に第1号店を2019年3月にオープンしました。その基幹商品である「チューリップローズ」は、開店から1か月で50万個の売り上げを記録。その行列ぶりは、SNSでも大きな反響を呼びました。

 そして、この度7月30日(火)に東京駅の八重洲中央改札内に初上陸します。

「TOKYOチューリップローズ」のコンセプトは、“可愛いチューリップ&ローズを、本格味で召しあがれ!”。パリで腕を磨いた若きシェフ、金井理仁(かないまさひと)さんによる、まるで花園のようなスイーツの世界感を楽しめるものです。

 その代表作にして大人気の「チューリップローズ」は、可憐なるチューリップと華やかなローズがひとつになった、見目麗しい花形のショコラスイーツです。チューリップの花びらは、シャリシャリッと繊細なラングドシャクッキー。香り高いローズの花は、とろけるホイップショコラ仕立て。パイも入っています。

 フレーバーは3種類あり、ストロベリー&ラズベリーが甘酸っぱい「ベリー」、深みあるキャラメルマキアートのコクが広がる「キャラメルナッツ」、楽園のパッションフルーツ&マンゴー香る「パッションマンゴー」です。一輪ごとに贅沢な美味しさが口いっぱいに広がり、五感を悦ばせてくれます。

もうひとつの花園「ショコラロージー」もラインアップ

 JR東京駅店のラインアップは、「チューリップローズ」のほかに「ショコラロージー」と「チューリップローズ コレクション」があります。

「ショコラロージー」は、ピンクペッパーの甘くフルーティーな香りをしのばせたショコラタルト。トッピングの花かんむりは、オレンジとベルガモット香るホイップショコラローズです。「チューリップローズ コレクション」は、「チューリップローズ」と「ショコラロージー」の詰合せで、さらに華やかな花園が広がります。

 同ブランドは通信販売も行なっておらず、東京の販売店舗でしか出会えない今最も話題のスイーツのひとつといえます。東京みやげにもぴったりです。

ULM編集部

最終更新:7/16(火) 21:30
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事