ここから本文です

丸一鋼管 二輪・車用鋼管、比で10月商業生産

7/16(火) 11:01配信

日刊産業新聞

 丸一鋼管のフィリピンの子会社「マルイチ・フィリピン・スチール・チューブ」(略=MPST、小林甲児社長)は今年3月、現地(バタンガス州リパ市)に二輪・自動車用鋼管の製造工場の建屋を建設、同5月連休明けから稼働した。新工場の投資金額は約17億4000万円、主要設備は2インチ造管機1基、切断機2基、面取機2基、鋼管生産能力は月間500トン(1シフト)。認証を順次取得し、同10月から日系の二輪・自動車向けの商業生産に入る予定。今後、造管機については2基の増設を計画している。また、今月8日には現地で開業式を開催、丸一鋼管からは鈴木博之・代表取締役会長兼CEO、堀川大仁・副社長など、JFEスチールからは野房喜幸専務、フィリピン政府関係では経済区長のプラザ長官など約100人が出席した。

最終更新:7/16(火) 11:01
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事