ここから本文です

40歳カルロビッチ 19本エース決めるも2度のタイブレーク落とし初戦敗退<男子テニス>

7/16(火) 14:32配信

tennis365.net

ホール・オブ・フェーム選手権

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は15日、シングルス1回戦が行われ、第6シードののI・カルロビッチ(クロアチア)は世界ランク113位のG・アンドレオシ(アルゼンチン)に6-7(6-8), 6-7 (7-9)のストレートで敗れ、初戦突破とはならなかった。

【錦織 カルロビッチは「好きな相手ではない」】

この日、40歳のカルロビッチは19本のサービスエースを決めるなど、ファーストサービスが入ったときに82パーセントの高い確率でポイントを獲得。アンドレオシに1度もブレークを許さなかったものの、2度のタイブレークを落とし、1時間53分で力尽きた。

カルロビッチは2016年の同大会覇者で、昨年は2回戦で敗れている。

一方、勝利した27歳のアンドレオシは2回戦で、世界ランク209位のM・ズベレフ(ドイツ)と予選勝ち上がりのT・スミチェク(アメリカ)のどちらかと対戦する。

今大会の第1シードはJ・イズナー(アメリカ)、第2シードはA・マナリノ(フランス)、第3シードはJ・トンプソン(オーストラリア)、第4シードはU・アンベール(フランス)となっており、上位4シードは1回戦を免除されている。

最終更新:7/16(火) 14:32
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事