ここから本文です

「Origami Pay」はその場で割引 Pay払い初心者や、クレカが苦手な方におすすめです

7/16(火) 16:05配信

マネーの達人

つい最近、大手コンビニチェーンが自社のPayサービスを開始しました。

新規のPayサービスが続々と開始され、Pay払いは、ますますにぎやかな様相を呈しています。

Pay決済の特徴として、支払った金額の数%が自社のポイントとして還元されるというのが現在の主流です。

楽天Payを例に挙げます。

楽天Payは、楽天Payを通して支払った金額の0.5%(200円で1ポイント)が、楽天ポイントとして連携している楽天アカウントに付与されます。

これに対してOrigami Payは、支払った金額の数%がポイントとして付与されるという物ではなく、支払金額の数%がその場で割引されるという珍しいタイプです。

ここでは、そのOrigami Payについてご紹介します。

Origami Payの利点と相性のよい支払元

Origami Payは、支払金額の数%がポイントとして付与されるものではなく、数%がその場で割引されるタイプのPay決済です。

「ポイント管理めんどくさい!とにかくシンプルに使いたい!」

という方には、Origami Payの支払元として、銀行口座もしくはデビットカードを登録するという最もシンプルな方法をおすすめします。

銀行口座から直接引き落とされるため、お金の状況を把握しやすいのが利点です。

基本的にどのPayアプリでもポイントの高還元を目的にすると、間にいろいろサービスを挟まなければなりませんので複雑化を避けられません。

ポイント管理が面倒でとにかくシンプルに使いたいという方にはOrigami Payは最適です。

Origami Payの欠点

Origami Payの欠点は、導入しているお店がまだあまり多くないという点です。

2016年5月19日のサービス開始以来、導入店舗は徐々に増えつつありますが、地方ではあまり普及していない様子です。

また、Origami Payに登録できるネット銀行が多くないのも欠点です。

これら2つは、これからのサービスの規模拡大で充実するのを待ちましょう。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 16:05
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事