ここから本文です

誕生日に実戦復帰 ソフトバンク今宮「いいスタート」

7/16(火) 11:31配信

西日本スポーツ

 ◆ウエスタン・リーグ ソフトバンク10-2中日(15日・タマスタ筑後)

 左太もも裏痛で離脱しているソフトバンクの今宮健太内野手(28)が約1カ月ぶりに実戦復帰した。

【写真】今宮“神プレー”ダイビングキャッチ!

 1番遊撃で出場し2打数1安打2打点。「まず試合に出られたことがうれしい。2軍だけど誕生日に復帰でき、いいスタートが切れた」と28歳のスタートを上々の結果で飾った。

 手応えの一打だった。3点リードの2回1死二、三塁、左腕松葉が投じた変化球に体勢を崩されながらも反応。中前への2点打とした。下半身で踏ん張る動作を「1軍にいた時はつらかった動きで、凡退につながっていた」といい「そういう形でスイングができたのが、何よりも収穫」と納得顔だ。守備機会は1度だったが、難なくさばいて順調さをうかがわせた。

 今宮が実戦でプレーするのは、6月20日の1軍ヤクルト戦(神宮)以来。その後は、昨年9月に痛めた左太もも裏の状態が芳しくなく、同22日に出場選手登録を抹消されていた。

 この日は4回の守備から交代。16日の同カードは5回まで、17日は7回までと、段階的に出場イニングを延ばす予定だ。19日からの楽天3連戦(楽天生命パーク宮城)で復帰するプランがあり、今後の状態で検討されることになる。「日本語として変だけど、焦りながらもゆっくりと。万全の状態で(1軍に)いかないと、チームに迷惑をかける」。慎重ながらも明るく前を見据えた。

西日本スポーツ

最終更新:7/16(火) 11:31
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(火) 16:05

あなたにおすすめの記事