ここから本文です

ジョコビッチ「ビッグタイトル」獲得総数がフェデラーと同数で1位タイに<男子テニス>

7/16(火) 17:13配信

tennis365.net

ウィンブルドン

男子テニス協会のATP公式サイトは15日、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で2年連続5度目の優勝を果たした世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)の「ビッグタイトル獲得数」を特集した。

【錦織 BIG3時代「しばらく続く」】

ATP公式サイトでは「ビッグタイトル」を「四大大会」、「Nitto ATPファイナルズ」、「ATPマスターズ1000」の3つのカテゴリーで分けており、32歳のジョコビッチはウィンブルドンを制覇したことにより「四大大会」のタイトル数が16に到達した。これは20のR・フェデラー(スイス)、18のR・ナダル(スペイン)に次ぐ歴代3位の記録。

また、「ビッグタイトル」の獲得総数ではフェデラーとジョコビッチが54、ナダルが52となった。

37歳のフェデラーが最後に「ビッグタイトル」を獲得したのは今年3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)、33歳のナダルは5月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)となっている。

<3選手のビッグタイトル獲得数と出場数>
※/左から獲得数と出場数

■R・フェデラー
四大大会:20/75
最終戦:6/16
マスターズ1000:28/132
合計:54

■N・ジョコビッチ
四大大会:16/56
最終戦:5/11
マスターズ1000:33/106
合計:54

■R・ナダル
四大大会:18/54
最終戦:0/8
マスターズ1000:34/112
合計:52

最終更新:7/16(火) 17:13
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事