ここから本文です

コルパッチ MPしのぎ初戦突破、ブシャールとの2時間半越えの激闘制す<女子テニス>

7/16(火) 20:01配信

tennis365.net

レディース・オープン・ローザンヌ

女子テニスのレディース・オープン・ローザンヌ(スイス/ローザンヌ、レッドクレー、インターナショナル)は15日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク142位のT・コルパッチ(ドイツ)が第8シードのE・ブシャール(カナダ)を2-6, 6-4, 7-5の逆転で破り、初戦突破を果たした。

【大坂2位 7/15付の世界ランク】

この日、第1セットを先取されたコルパッチは、ダブルフォルトを10本犯すなど自身のサービスで苦戦。しかし、ブシャールのサービスを9度ブレークに成功。ファイナルセットではマッチポイントをしのぎ、逆転で2時間36分の激闘を制した。

女子プロテニス協会のWTAはコルパッチのコメントを掲載しており「ただ毎ポイント、毎ゲームを勝とうとした。彼女(ブシャール)のマッチポイントのとき、このポイントを取れば逆転できると思った」と語った。

「試合序盤は興奮で震えていた。うまく動くこともできなくて、快適ではなかった。そして第2セットの2-4のときにコーチが『自分のテニスをしろ』と言ったとき解放されたような感じでプレーできた。それが上手くいった」

2回戦では、予選上がりで世界ランク69位のA・ポタポヴァ(ロシア)と対戦する。ポタポヴァは1回戦で、同148位のK・クコバ(スロバキア)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の1回戦では、第2シードのC・ガルシア(フランス)、第7シードのD・ガブリロワ(オーストラリア)らが初戦を突破した。

最終更新:7/16(火) 20:01
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事