ここから本文です

【逸材レポート】佐々木朗希の初戦ピッチングを球種別に徹底分析!

7/16(火) 20:27配信

高校野球ドットコム

 16日に初戦の遠野緑峰を迎えた大船渡・佐々木 朗希。短いイニングであったが、高いポテンシャルの片りんを見せてくれた。そんな佐々木の凄さを解明していきたい。

力感を感じさせない剛腕

 16日、佐々木 朗希擁する大船渡が遠野緑峰との初戦を迎え5回コールド勝ち。3回戦進出を決めた。佐々木 朗希は2回無失点の好投だった。

 佐々木 朗希の投球は剛速球右腕らしからぬところがある。
 それは「無駄な力み」がないということだ。振り返っていけば、150キロ前後の速球を投げる投手というのは力んで、スピード表示は出ているが、切れがない。開きが早くなり、打たれるというケースが出てくる。

 しかし佐々木はそれがまったく見られない。左足を高々を上げ、ストライドが大きく、力強い投球フォームで、力の入れ加減ができて、140キロ前半でも回転数が高いストレートを投げ込むことができる。ほかの投手にはない稀有な才能を持った逸材だと改めて感じさせてくれた。

 
 そんな佐々木の初戦のピッチングの経過は以下の通りである。
【1回】
1番・菊池魁を142キロのストレートで空振りを取ると、2球目は123キロの縦スライダーでショートゴロ。続く2番・菊池虎太郎はストレートを投げ込み、セーフティバントを試みたが、捕邪飛に。3番・佐々木康成は初球ストレートが外れてボールとなったが、2球目はストレートで見逃しストライク、3球目は外角ストレートで空振りに打ち取ると、最後は147キロの高めのストレートで空振り三振に打ち取る。

【2回】
4番・菊池将太はスライダー、縦スライダーで2球で追い込んで、3球目は144キロのストレートに当てただけのセカンドゴロ。5番・菊池優雅に対しては1ストライク3ボールから5球目は高めの145キロのストレートで空振りに打ち取り、6球目は縦に落ちるスライダーで空振り三振。6番・菊池庸仁は3球目、縦スライダーでライトへのファウルフライで三者凡退。

 
 2回を投げて、2奪三振。9球のストレートの平均球速が142.55キロ。高校生投手で平均140キロ前半はかなり優秀なレベルなのだが、佐々木の場合、あまり出力を大きくせず、このスピードなのだから恐ろしい。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 20:27
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事