ここから本文です

「人事担当者が選考にあたって特に重視した点」16年連続の1位とは

7/16(火) 18:00配信

LIMO

就職活動が解禁となり、早い時期から内定を獲得している人もいれば苦戦する人もいます。第一印象を意識して自然な笑顔を作れていますか。面接官がチェックしているポイントを確認していきましょう。

この記事の写真を見る

面接官が必ずチェックしているポイント

 (1)コミュニケーション能力

経団連が毎年発表している「人事担当者が選考にあたって特に重視した点」において16年連続で1位になっているのが「コミュニケーション能力」です。面接においても「聴く姿勢」や「質問の意図を理解しているか」「回答は的確か」など、ビジネスレベルの能力が求められています。

面接の場では、要点がまとまらない話や積極性を感じられない受け答えが目立つと評価も下がってしまいます。どんな仕事も協力活動ですので、自分の位置づけや役割を理解して連携していく能力が不可欠なのです。

 (2)企業への熱意

企業によっては業界の課題や問題点について、面接で意見を求められるケースが増えてきています。しっかり準備をしていないと知識不足、熱意なしと判断されることもありますので、情報収集や企業研究は欠かさず行ないましょう。

また、「最後に何か質問はありますか」と聞かれることがあります。質問によりその企業への関心度が分かりますし、企業側にとってもアイデアや情報源になるのです。調べた知識をもとに適切な質問を準備しておくと、面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

 (3)失敗した時の対応

面接中に、聞き取りにくい内容だったり、質問の内容がわからなかったりということもあるかもしれません。返答に困り焦ってしまいますが、ここは正直に確認を取ってみましょう。「面接官に聞き返すなんて」と思わず、不正確な受け答えをしてしまうのを防ぎましょう。

たとえば、「ありがとうございます。緊張して聞き取れなかった部分があったのですが、〇〇についての質問でよろしいでしょうか?」といった表現も良いでしょう。ちょっとした失敗をしても、そのときの対応や誠実に答えようという意思は面接官に伝わります。落ち着いて臨んでいきましょう。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 18:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい