ここから本文です

県「がん看護臨床実践研修」が開講 看護師のスキルアップ目指す

7/16(火) 11:28配信

北日本新聞

 県の「がん看護臨床実践研修」の開講式が16日、富山市鵯島の県看護研修センターで開かれた。県内11病院でがん看護に携わる看護師16人が、講義や実習を通じてスキルアップを目指す。8月5日まで。

 五十嵐司県医務課長が「最新のがん看護や治療を学び、仲間とネットワークを築いてほしい」とあいさつ。大井きよみ県看護協会長が「いま一度、自分の看護について考える機会にしてもらいたい」と激励した。受講生が一人一人紹介された。

 研修は、がん看護の質を高めるため、県が2007年からがん診療連携拠点病院などの協力を得て毎年行っている。

北日本新聞社

最終更新:7/16(火) 11:36
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事