ここから本文です

独走N-BOXに待った! スズキ ダイハツはホンダ一強を崩せるのか? 人気軽モデルを比較

7/16(火) 7:10配信

くるまのニュース

最強軽自動車3車種を徹底比較!

 全国軽自動車協会連合会によると、2018年度の軽自動車販売台数は、1位がホンダ「N-BOX」で23万9706台(前年比+1万6257台)、2位がスズキ「スペーシア」で15万8397台(前年比+4万4706台)、3位がダイハツ「タント」で14万2550台(前年比+7890台)となっています。

N-BOX、スペーシア、新型タントの違いは!? 写真で見る(22枚)

 いずれもスーパーハイトワゴンというジャンルに属する軽自動車ですが、この3車種の違いはなんでしょうか。

 N-BOXは、2015年度から4年連続で販売台数トップの座に君臨していて、2位のスペーシアに約8万台の差をつけ、1位独走の状態です。

 タントは地道に数字を伸ばしていますが、2019年7月9日にフルモデルチェンジし、新型モデルとなったため、今後どう台数を伸ばしていくのかが注目されています。

 今回は、軽自動車御三家であるこの3車種について「燃費」「車内スペース」「価格」という3つの視点で比較します。

 まずは、近年のクルマ選びにはかかせない条件となっている燃費性能を比較しますが、各車ともに駆動方式や仕様によって数値が異なるため、もっとも燃費が良いとされるFF(前輪駆動)のJC08モード燃費で比べてみます。

 それぞれのJC08モード燃費は、N-BOXが27.0km/L、スペーシアが30.0km/L、そしてタントが28.0km/Lです。

 10万キロ走行したときのガソリン代に換算して比較すると、130円/Lの場合、N-BOXは約48万円で、スペーシアが約43万円、そしてタントが約46万円という結果となりました。

 王者N-BOXが数値的には一番性能が低く、マイルドハイブリッドシステムを採用して燃費を伸ばしたスペーシアが最も良い結果となりました。

 しかし、販売実績から考えると燃費性能の低いN-BOXの売れ行きがもっとも好調なことから、燃費性能の違いが購入の大きな決め手となっている訳ではなさそうです。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 14:23
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事