ここから本文です

中日、サヨナラ勝ちで6連勝 3位タイ浮上に与田監督「この流れを続けられるように」

7/16(火) 21:43配信

Full-Count

中日、サヨナラ勝ちで6連勝 3位タイ浮上に与田監督「この流れを続けられるように」

■中日 3-2 阪神(16日・ナゴヤドーム)

 中日が今季2度目のサヨナラ勝ちで、今季最長の6連勝とした。16日、本拠地ナゴヤドームでの阪神戦。今季初先発の松坂が5回4安打2失点と粘投すると、9回にアルモンテがサヨナラ押し出し四球を選んで接戦に終止符を打った。これで阪神と並び3位タイに浮上し、与田剛監督は「(サヨナラは)気持ちいいですね。繋いでくれて、良かった」と表情を緩めた。

【動画】松坂大輔が今季1軍初登板! 今季の初球に投じた1球の実際の映像

 初回、松坂が先制点を奪われるも、その裏にビシエドの二ゴロ間に追いつき、高橋の適時打で逆転に成功した。3回に右腕が同点とされたものの、勝ち越し点は与えぬ粘りの投球。試合を作り、指揮官も「5回までゲームを作ってくれたし、粘り強さを出してくれた」と評価した。

 松坂の降板後は6回を谷元、7回を福、8回をロドリゲスとつなぎ、9回には岡田をマウンドへ。この4人がノーヒットリレーで繋ぐと、9回に決着の時が。井領が四球を選ぶと、平田が右中間を破る二塁打で続き、大島は申告敬遠。満塁となると、最後はアルモンテが押し出しの四球を選んだ。

 今季2度目のサヨナラ勝ちで6連勝とした与田監督は「リリーフもいい流れを作ってくれた」と無安打で繋いだ救援陣を称賛。「ひとつひとつ勝って首位に近づいていくしかない。選手たちは頑張っている。この流れを続けられるようにしたいですね」と語り、明日以降の試合に気持ちを切り替えていた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:7/16(火) 21:43
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(水) 18:35

あなたにおすすめの記事