ここから本文です

ホークス、ドラ1甲斐野の乱調で連敗 工藤監督「悔しさ乗り越えて成長を」

7/16(火) 21:49配信

Full-Count

6回2失点の先発・二保には「ナイスピッチング」

■日本ハム 3-2 ソフトバンク(16日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは16日、日本ハムに連敗を喫し、球宴をはさんで3連敗となった。初回に連続本塁打で2点を先制しながら4回に追いつかれ、終盤の9回に甲斐野が勝ち越しを許した。

【写真集】広瀬すず似の美女も…ヤフオクドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 同点で迎えた9回に4番手として登板した甲斐野が大乱調。先頭からの四死球と犠打、申告敬遠で満塁とすると、2死後に痛恨の押し出し四球。ノーヒットで勝ち越しの1点を献上した。

 工藤公康監督は「(登板の)間も空いていたのでね。身体自体は問題なかったと思いますが(登板から)離れていた分、感覚がずれていたのかな。あとは勝負していこうというところだけ。悔しさを乗り越えて成長していくのが投手。これからも常に前を向いてやっていってほしいと思います」とルーキー右腕をかばった。

 6回2失点(自責1)と試合を作った先発・二保については「変な力みもないし、動きもスムーズ。コントロールもできていて、6回2失点。ナイスピッチングだと思います」と高く評価。また、2失点目につながったエラーの牧原大成については「ずっとやっているポジションではないし、(エラーをした)その後が大事。その後はいいプレーをしているわけですから、エラーのことは気にしないで」とした。

 この日、スタメンから外れた内川については「練習中に膝に違和感があったということ。これから話を聞いて、また明日の判断になります」とだけ語った。

 これで球宴を挟んで3連敗。2位との対決に連敗して5ゲーム差と2日で「2」縮まった。それでも工藤監督は「まだ2つ終わったばかり。沈まないで明るくいきましょう」と報道陣に呼びかけながら会見を終えた。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:7/16(火) 22:24
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 4:50

あなたにおすすめの記事