ここから本文です

コウチーニョ、古巣リバプールに電撃復帰の可能性…2年間のレンタル移籍か

7/16(火) 14:26配信

ゲキサカ

 ブラジル代表MFコウチーニョがバルセロナを離れる日は近付いているのかもしれない。『SPORTbible』が伝えている。

 2018年1月にリバプールからバルセロナに加入したコウチーニョは、パリSGに移籍したFWネイマールの後釜として期待されたものの、思うような活躍を見せられず批判の目を向けられることが多かった。

 今夏の去就が注目される中、イタリア『カルチョメルカート』によると、古巣のリバプールが2年間の期限付き移籍に8800万ポンドの買い取りオプションを付けたオファーを出した模様で、コウチーニョ本人もそのオファーを歓迎しているという。

 コウチーニョの代理人を務めるキア・ジューラブシャン氏が以前、「リバプールは彼の心の中に常にあるし、リバプールの大ファンなんだ。彼はリバプールがタイトルを獲得することを望んでいて、強いつながりを持っている。彼がリバプールと直接対決するチームに行くことはないと思うよ」と語っていたように、古巣復帰の可能性は十分にあるようだ。

最終更新:7/16(火) 14:26
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事