ここから本文です

ゴールドマン、トレーディング収入が予想上回る-トレンドに逆行

7/16(火) 21:42配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国の銀行持株会社、ゴールドマン・サックス・グループの4-6月(第2四半期)決算では、トレーディング収入の減少幅がアナリスト予想よりも小幅にとどまった。

16日の発表によると、株式トレーディング収入は予想に反して増加。先に決算を発表したシティグループとJPモルガン・チェースはそれぞれ、トレーディング事業が予想以上の減収だった。ウォール街の幹部らは顧客活動の低迷が第2四半期のトレーディング収入を押し下げるだろうと警告していた。

ゴールドマンの第2四半期トレーディング収入は34億8000万ドル(約3760億円)と、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の33億7000万ドルを上回った。債券トレーディング部門では金利と通貨、クレジット取引の収入が減少した一方、商品トレーディングは他の分野の弱さを幾分打ち消す格好となった。

デービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)は発表資料で「上期の業績に勇気付けられている」とし、「当社の強い財務基盤により、第3四半期の四半期配当を大幅に増やすなど株主に資本を還元することが可能だ」とコメントした。

株式トレーディング収入は20億1000万ドルと、ここ4年で2番目に高い四半期収入だった。一方、投資銀行業務は全ての分野で前年同期に比べ低迷し、債券引き受けは20%減少した。一株当たり利益は5.81ドル、予想平均は4.93ドルだった。

題:Goldman Sachs Traders Buck Wall Street Trend With Revenue Beat(抜粋)Goldman Stock Traders Buck Wall Street Trend on Revenue Jump (1)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Sridhar Natarajan

最終更新:7/16(火) 22:31
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事