ここから本文です

【函館2歳S】世代最初の重賞レース、注目はあの馬/JRAレース展望

7/17(水) 6:00配信

netkeiba.com

 函館競馬を締めくくると同時に、2歳世代の重賞開幕戦となるレース。12年から函館開催の時期が短くなったことで極端に時計が掛かることはなくなり、例年1分10秒前後の勝ち時計になる。

1.前走4角4番手以下の馬は割り引き

 札幌での開催だった09年を除く過去9年で、前走4角4番手以下だった馬は1頭しか馬券に絡んでおらず複勝率は4.8%。新馬・未勝利戦で前々で立ち回れなかった馬がここでいきなり通用することはほとんどない。

2.前走上がりが最速の馬に注目

 過去9年中、前走で上がり3F1位を記録していた馬が6勝を挙げている点にも注目しておきたい。前々で立ち回るスピードとしっかりした末脚両方を兼ね揃えた仕上がり早のタイプが好走しやすいということなのだろう。

3.生まれた時期にもポイントが

 過去9年で、1~2月生まれだった馬は複勝率33.3%と上々。対して3~4月生まれだった馬は複勝率18.2%。また、5~6月生まれの馬は複勝率9.1%だった。生まれた時期が早い方が成績は良い。


 タイセイビジョンは阪神芝1400mの新馬戦を完勝。楽な手応えで外目を回りながら4コーナーにて先団に取り付き、直線では危なげなく後続を突き放すという見どころのある競馬だった。前半3Fが34.8と新馬戦にしてはペースの締まったレースだったので、1200mへの距離短縮には対応できそう。再度圧勝まであっても。

最終更新:7/17(水) 6:00
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事