ここから本文です

ウィリアムズ、タイトルパートナー「ROKiT」と契約延長「表彰台争いへ戻る」

7/17(水) 21:02配信

TopNews

ウィリアムズは、ROKiTとのタイトルパートナーを3年から5年に延長したことをイギリスGP開催中に発表した。

ROKiTは、スマートフォンとグローバルWiFiサービスを提供する企業だ。今シーズンからスポンサーとして登場したROKiTは、ブランディング、ホスピタリティー、技術的コラボレーションを含む複数の分野にわたる提携において劇的な結果を得ているという。

このパートナーシップ延長について、クレア・ウィリアムズ副チーム代表は「ROKiTは、困難な時期にチームに加わりました。彼らが我々のビジョンを信じ、サポートしてくれているということは、我々にとって大きな意味があります」と述べている。

ROKiTのジョナサン・ケンドリック会長は「ROKiTフォン専用のROKiTウィリアムズ・レーシングのコンテンツなどを計画しているし、また私は、チームが表彰台へ戻るためにサポートすることを約束する」とチームへコミットしていると語った。

一方で、ハースのタイトルスポンサー「リッチエナジー(RICH ENERGY)」は、「チームのパフォーマンスが低すぎる」ことを理由にF1イギリスGPで突然「契約解除」を表明したことで法廷闘争に発展しそうだ。

最終更新:7/17(水) 21:02
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事