ここから本文です

人員削減の報道から見えるファーウェイの苦境…独自のスマホOSも本音は間に合わない?

7/17(水) 10:11配信

ギズモード・ジャパン

独自OSはまだまだ準備段階

なお、今回のWSJの報道では、HuaweiのRen Zhengfei会長の最新談話も紹介。一時はGoogleからAndroidのライセンス剥奪措置を取られたとしても、独自の新OSで製品発表を続けるので問題ないだなんて強気の意見も流れていました。ところが、会長によれば、そもそも独自のOSというのは、スマートフォンやタブレットでの使用を想定したものではなく、通信ネットワークの管理目的で開発されたものだったとのことです。

それゆえに、いまだアプリストアなどを用意し、このネットワークOSをモバイル向けに改良しては、スマートフォンなどに搭載する目途などたっていないというのが現状のようですね。今年と来年は、Huaweiの売上高が300億ドルも落ちてしまうだろうとの厳しい現状も語られており、このままでは、あまりHuaweiの未来は明るいとはいえないのかもしれません。

Source: Wall Street Journal

湯木進悟

2/2ページ

最終更新:7/17(水) 10:11
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事