ここから本文です

飯島寛騎×西銘駿、仲良し2人が舞台で同じ役も性格は逆?「違い見せる」

7/17(水) 17:01配信

マイナビニュース

男劇団 青山表参道Xで『ENDLESS REPEATERS -エンドレスリピーターズ-』

米倉涼子、上戸彩など華やかな女優陣の存在で知られるオスカープロモーションの、初・男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」。若手イケメン俳優から、これからブレイクしそうな俳優33名が所属し、2017年11月に発足となった。

今回、劇団として2回目の公演となる『ENDLESS REPEATERS -エンドレスリピーターズ-』を7月20日から上演する。ルビー(飯島寛騎、栗山航、小沼将太、立花裕大)、サファイア(西銘駿、塩野瑛久、村上由歩、松本健太)、エメラルド(定本楓馬、中村嘉惟人、湯本健一、長田翔恩)と3チームにわかれ同じ脚本で競演し、水江建太、奥野壮、岩田知樹といった日替わりゲストも登場する。とある資産家の邸宅に侵入した強盗集団ZOOが壮絶な死を迎えたのちに無機質な会議室で目覚め、作戦会議と強盗劇を繰り返す……という内容になっている。

今回は、ルビー・サファイヤでドッグ役を演じる飯島と西銘にインタビュー。プライベートでも仲が良いという2人に、互いの初対面の印象や舞台にかける意気込みについて話をきいた。

■ドッグタイプ・西銘とキャットタイプ・飯島

――今回お二人はチームが分かれていますが、同じ役なんですよね。

西銘:一人一人コードネームがあって、僕らは”ドッグ”こと犬飼柊人を演じます。例えばバードはすごい頭がよかったりと特徴があるんですが、ドッグはみんなが落ち込んでるときにも諦めずに励ます、ムードメーカーのような存在です。

飯島:基本的になんでもできるけど、なんか特化してないみたいなキャラクターで、中立のような存在です。でも5人で繰り広げていくので、みんな各々見所があると思います。3人それぞれ同じ役を演じるので、もともと持っているキャラクターも出てきて、面白くなりそうです。

――それぞれのチームはどうなりそうですか?

西銘:飯島君たちのチーム(ルビー)はすごいよね。ギャグセンスの高い人たちが集まってる。

飯島:まじめで面白いひとたちが多いので、ふだんもさりげなくかましてくるんですよね(笑)。なので、細かくやりとりできるんじゃないかな。

――それは、誰がかましてくるんですか?

飯島:ほぼ全員です(笑)。

西銘:小沼君とか栗山君とかも、みんな。

飯島:小沼君が、一番器用かもしれない。

西銘:面白さのキーポイントになってきそう。

――西銘さんの、サファイヤチームについては。

西銘:しっかり土台を作っていくチームだと思うので、ちゃんとお芝居をしながら、内容にあったふざけかたをしていけたらと思います。もともと仲も良くて、話し合いをする時間が多いと思うので、細かいところまで作っていきたいです。

――誰がムードメーカーなんですか?

飯島:西銘じゃない?

西銘:(照れながら)僕は基本的にムードメーカーなので、役をもらった瞬間に、「西銘だな!」と思いました。コードネームもドッグで、僕自身もよく犬と呼ばれるので、けっこうやりやすいのかな。

飯島:そう考えると、僕は逆なので……。

西銘:キャットタイプだから!

飯島:さりげなくいいところを持っていく、みたいな感じです(笑)

西銘:ずるいタイプだもんね(笑)

飯島:明るいムードメーカーの役はあまり演じたことがないので、どう出せるのか考えています。せっかく3チームあるから、周りと被りたくないし、こだわっていきたいです。

1/2ページ

最終更新:8/7(水) 18:44
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事