ここから本文です

世界トップが集う賞金総額5400万円のトーナメント開戦 日本選手優勝なるか<卓球・T2ダイヤモンド見どころ>

7/17(水) 19:09配信

Rallys

<T2ダイヤモンド2019マレーシア 2019年7月18日~7月21日>

7月18日からT2ダイヤモンドの第1戦マレーシア大会が開催される。舞台はジョホールバルにあるパインウッド・イスカンダル・マレーシア・スタジオ、2017年に開催された「T2アジア太平洋卓球リーグ」と同じ舞台だ。

勝ち上がれば高ポイントを獲得できるため、東京五輪選考の鍵を握るT2ダイヤモンドの押さえておきたいポイントと見どころを紹介する。

賞金と獲得ポイント

まず、注目すべきポイントは高額な賞金と獲得ポイントの大きさだ。今回の賞金総額は50万ドル(約5400万円)、優勝賞金は10万ドル、獲得ポイントは1,000ポイントとなっている。6月に行われたジャパンオープンの優勝賞金が3万ドルだったことからも類を見ない賞金額の大きさだ。また、出場するだけでも賞金5,000ドルと400ポイントが手に入る。

主なルール

試合は7ゲーム制で、デュースなしの1ゲーム11点先取で行われる。また、試合時間が24分を越えた場合、デュースなしの1ゲーム5点先取となる。さらに時間短縮のためゲーム間は45秒、サーブとサーブの間は15秒、タオル使用は30秒の時間制限がある。

男子シングルス見どころ

日本からは張本智和(7月世界ランキング4位・木下グループ)、丹羽孝希(同12位・スヴェンソン)、水谷隼(同13位・木下グループ)が出場する。

張本は初戦、中国香港の黄鎮廷(ウォンチュンティン・同18位)と対戦する。直近の韓国オープンでは4-2と勝利しているものの、張本も「今まで一番対策されたと思うし、自分も一番やりづらい試合だった」とコメントしており注意が必要だ。

丹羽は、世界選手権準優勝のマティアス・ファルク(同9位・スウェーデン)、水谷は若手で伸び盛りの林昀儒(リンインジュ・同16位・チャイニーズタイペイ)と相まみえる組み合わせとなった。

日本男子は勝ち上がり、3大会連続優勝と波に乗っている許昕(シュシン・同1位・中国)を含めた中国勢に一矢報いることができるか注目だ。

1/2ページ

最終更新:7/29(月) 16:56
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事