ここから本文です

いわしパフェの京都水族館、今度は「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」 金魚鉢とマシュマロの可愛さが話題に

7/18(木) 7:00配信

withnews

 イワシの生姜煮を載せたパフェや、いきものをかたどった「すいぞくパン」など、意表を突いたメニューで注目を集めてきた京都水族館。現在提供中の「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」がツイッター上で話題になっています。これまでと一風変わったドリンクについて、誕生の経緯を聞きました。

【画像】「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」はこちら。金魚鉢風で、上から覗くとマシュマロと目が合います!

ツイートが話題に

 先月28日、京都水族館のツイッターアカウントがこんなつぶやきを投稿しました。

 「【オオサンショウウオ入り!?】 ぬめぬめワールド限定ドリンク「オオサンショウウオ鴨川ソーダ」を販売中 カップはお持ち帰りできます~!」

 画像2枚が添付されており、1枚目は金魚鉢のような容器に入ったソーダで、底にはカラフルなビーズに沈んでいます。

 2枚目は上から写したもので、表面に浮かんだマシュマロがオオサンショウウオになっていて、じっとこちらを見つめているように見えます。

 この投稿に対して、「かわいい!」「突っ込みどころ満載のビジュアル」「どこまで食べられるんだろ」といったコメントが寄せられ、リツイートは1万4千、いいねは3万1千を超えています。

880円で1日限定20個

 館内の「かいじゅうカフェ」で提供されているオオサンショウウオ鴨川ソーダ。

 9月1日まで開催しているイベント「京都水族館ぬめぬめワールド~世界最大級の両生類は鴨川にいた!!~」の限定メニューです。

 価格は税込み880円(1日限定20個)で、ホームページでは以下のように紹介されています。

 「カラフルな食べれるビーズが入ったグリーンアップル味のソーダの上にオオサンショウウオのマシュマロを浮かべた見た目も可愛いドリンクです。カップはお持ち帰りいただけます」

 これまで、イワシの生姜煮を載せた「桜といわしのパフェ」や、かりんとうで表現したチンアナゴが大量に載った「ちんあなごだらけパフェ」など、ちょっと変わったメニューで注目を集めてきた京都水族館。

 これまでとテイストの異なるオオサンショウウオ鴨川ソーダ誕生の経緯について、飲食担当スタッフに話を聞きました。

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事