ここから本文です

羽田エクセルホテル東急に登場! フライト・シミュレーターがある客室は明日から

7/17(水) 12:41配信

ギズモード・ジャパン

宿泊したはずなのに寝不足になりそう。

羽田エクセルホテル東急が開業15周年を祝って企画した、フライト・シミュレーター設置の「スーペリアコックピットルーム」が誕生しました。これは客室にボーイング737-800型機を模したコックピットが設けられ、宿泊客が操縦席の後ろに張られたアクリル板越しに空の旅を楽める、というものです。

【全画像をみる】羽田エクセルホテル東急に登場! フライト・シミュレーターがある客室は明日から

TOKYU HOTELSによりますと、映像は羽田空港を飛び立ち、上空を旋回して再び羽田へ着陸するルートの昼バージョンと夜バージョンがあるとのこと。昼と夜の映像は自分で切り替えることが可能で、着陸後は羽田エクセルホテル東急が背後に見える、59番ゲートへスポットインするのだそうです。その際には、映像に羽田エクセルホテル東急が見えるそうなので、今自分がいる部屋はこの辺かな?なんて探してみるのも楽しそうですよね。

シミュレーターの部屋に泊まれる!

公式サイトによりますと、宿泊プランである「フライトシミュレーター雰囲気体感プラン」の利用は明日2019年7月18日からで、料金は消費税・サービス料込み・東京都宿泊税別で1泊室料2万5300円から、とあります。

シミュレーターとはいえ、コックピットを独り占めできるのは最高すぎますよね。写真も動画も撮りまくりですし、ここで飲む一杯もさぞや美味いことでしょう。良い夢が見られそうです。

シミュレーターのみの体験プランも!

また宿泊ではなく、シミュレーターの体験だけが可能な「フライトシミュレーター体験プラン」も用意されており、こちらは操縦体験は原則1名、最大2名までが90分間3万円(消費税別)にて、実際に飛行経験のある元機長や、機器に精通したインストラクターによる指導を受けながら、飛行機の操縦体験ができるようになっています。そして操縦するのは、羽田空港~伊丹空港とのこと。こちらも同じく7月18日からですが、体験できるスケジュールは12:00~13:30と14:30~16:00の1日2回に限られています。

実は体験プランがあるため、宿泊プランはチェックインが18:00でチェックアウトが10:00となっています。なのでベストなのは、一度シミュレーター体験をしてから、一旦空港に遊びに行ってまた泊まりに戻ってくる、というスケジュールでしょうね。予約状況やお財布の事情をウマく擦り合わせれば至福の1日が過ごせるかもしれません。

designboomでは、同社の萩原さんが空港のテーマを採用した理由について「空港周辺のホテルの典型的な顧客である航空ファンや乗り継ぎ客を引き寄せるため」とコメントされた旨が書かれています。なるほどメチャメチャ効果がありそうですよね。それに遠くからでも、是非ともこの部屋にお邪魔してみたいですよねぇ。早いとこ予約しなくては!

2019年7月18日 訂正:当初「昼と夜の映像は自動で切り替わる」としておりましたが、昼と夜の映像は宿泊者が自分で自由に切り替えられるとのことでした。訂正いたします。

Source: TOKYU HOTELS, HANEDA EXEL HOTEL TOKYU (1, 2), designboom

岡本玄介

最終更新:7/18(木) 13:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事