ここから本文です

【オーストラリア】豪LNG輸出が世界2位、国内供給はひっ迫

7/17(水) 11:30配信

NNA

 オーストラリアの液化天然ガス(LNG)輸出量が、2018/19年度(18年7月~19年6月)に7,510万トンと前年度比で21.2%増加し、世界第2位となったことが分かった。輸出高では500億豪ドル(約3兆7,993億円)以上に達し、最大輸出相手国は日本で41%を占めた。今年度は540億豪ドルに上ると見込まれており、輸出国第1位のカタールを追い抜く可能性がありそうだ。一方で国内のガス供給はひっ迫しており、問題が浮き彫りとなっている。16日付地元各紙が伝えた。
 調査会社エナジークエストの調査によると、オーストラリアのLNG輸出高は鉄鉱石と石炭の次に高くなった。成長の大きな要因は、国際石油開発帝石(INPEX)がオペレーターを務める北部準州のイクシス・プロジェクトと、米石油大手シェブロンがオペレーターを務める西オーストラリア(WA)州ウィートストーン・プロジェクトによるものだった。クイーンズランド(QLD)州からの輸出も6%増加した。
 輸出先は、中国がシェア37%を占め1位の日本に迫っている。日本がWA州からの最大輸出先となっているのに対し、QLD州からの輸出は中国が最大となった。
 同社はまた、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルがオペレーターを務めるWA州のプレリュード洋上LNG施設(FLNG)とイクシスからのガス生産が好調なことから、今年度の国内ガス生産量は8,000万トンに達すると予測しており、カタールの年間生産能力7,700万トンを超えるとしている。
 一方国内では東部州のガス不足・価格高騰が問題となっており、ギガジュール当たり3~4豪ドルと記録的な高値を支払っている企業もあるという。オーストラリア自由競争・消費者委員会(ACCC)が市場構造やLNG輸出による国内ガス価格への影響に対し繰り返し懸念を表明しているほか、製造業の業界団体なども、連邦政府に対し、供給不足に陥った際は輸出制限をかけるよう要求している。

最終更新:7/17(水) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事