ここから本文です

SONY α7R IVハンズオン:こんなにもしっかり握れるα、はじめて...

7/17(水) 20:01配信

ギズモード・ジャパン

17日に発表されるのはα7S系? α9系? と書いた記憶をすっ飛ばす存在でした。

Sony(ソニー)の新型フルサイズミラーレス「α7R IV」の発表会に行ってきました。触ってきました。惚れてきました。

【全画像をみる】SONY α7R IVハンズオン:こんなにもしっかり握れるα、はじめて...

何がいいって、構成する要素のほとんどがいい。タッチパネルでメニュー操作ができないとか、バリアングルディスプレイじゃないとか、撮影動画を見るに手ブレ補整効果は従来機級かなど、ツッコミどころもあるのですけど、全方位的に確かな進化を感じさせる1台でトキメキ、あるわあ。

キープコンセプトなのに握り心地が全然違う

左側がα7R III(前モデル)。右側がα7R IV。間違い探しかってくらい、似通った2台です。

この角度からパッと見でわかるのは後ろダイヤルがむき出しで、露出補正ダイヤルにロックボタンがついたことくらいですよね。

ところが握ってみると、グリップ力がぜんぜん違う。手袋2XLサイズの僕でも小指がさほど余らないんです。ストラップがなくても、安心して手に持つことができるんです。縦グリップがなくても、グリップエクステンションがなくても大丈夫!

よく見てみると、シャッターボタン・電源スイッチ・前ダイヤルのあるグリップ上部の角度がなだらかになっています。そしてシャッターボタンを斜めに配置することで、上のほうからしっかりと握り込める形状になっているんですね。

もー、ね。この時点で気持ちいい。触って快感。ヤベエもんきたって感じ。

ボタンもジョイスティックも操作性感UP&UP

背面コントローラ部も操作性がよくなりました。ボタンやホイール数、配置は変わらないんだけど、ジョイスティックやAF-ONボタンが大口径化、また各ボタンのでっぱり量が増えてしっかりと押し込めるようになったんですよ。

お話をきくと、これは手袋をした状態でも操作性を高めるためのチューニングみたい。

縦位置グリップも同様に、ボタン&ダイヤルが使いやすくなりました。

わずかな差と思うかもしれません。でも手で触れて操作するものだからこそ、こういうミリ単位のチューニングってすごく大事なんですよ。使っているときの気持ちいい、に直結するんですよ。

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 20:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事