ここから本文です

C大阪・柿谷が残留決断 名古屋から期限付き移籍で獲得打診も

7/17(水) 8:04配信

デイリースポーツ

 J1名古屋から期限付き移籍で獲得の打診を受けていたC大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(29)が残留の意思を固めたことが17日、分かった。関係者によると、柿谷は16日までに自身の意向をクラブ側に伝えたという。

 柿谷は今季、開幕から8試合連続で先発出場し、4月5日の川崎戦で今季初ゴールを挙げたが、第9節にスタメンを外れると負傷が癒えた後も出場機会を得られず、直近では3試合連続ベンチ外が続いていた。

 C大阪は柿谷と話し合いを重ね、本人の意思を尊重する考えも伝えてきた。最終的には柿谷が4歳から下部組織に所属したC大阪に身を置く決断を下した。昨夏にもG大阪から正式オファーを受けたが、残留を決断していた。

最終更新:7/17(水) 8:11
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事