ここから本文です

海自イージス艦「はぐろ」進水 建造費は約1734億円

7/17(水) 22:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 海上自衛隊の新造イージス艦の進水式が17日、ジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場(横浜市磯子区)で開かれた。「はぐろ」と命名され、就役は2021年3月の予定。海自のイージス艦は8隻態勢になる見込み。

 はぐろは、昨年7月に進水し20年3月に就役予定の「まや」と同型艦。ミサイルや航空機の位置情報をより遠くから高い精度で把握し、米軍などと共有する共同交戦能力(CEC)システムを搭載する。配備先は未定。

 海自によると、はぐろは基準排水量は8200トン、全長170メートル、最大幅21メートル。建造費は約1734億円で、乗員は約300人となる。

神奈川新聞社

最終更新:7/17(水) 22:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事