ここから本文です

<LPGA女子ゴルフ>新規大会にペア出場の畑岡奈紗選手&山口すず夏選手 「優勝目指す」と意気込み

7/17(水) 21:03配信

まんたんウェブ

 総勢144人のプレーヤーが2人1組で戦うストローク形式で行われる、LPGA第20戦の新規大会「ダウ・グレート・レイクス・ベイ・インビテーショナル」(米ミシガン州・ミッドランドCC)が、7月18日早朝(日本時間)に開幕し、日本からは畑岡奈紗選手と山口すず夏選手が、ペアで出場する、WOWOWでは第1日から最終日まで連日生中継。両選手は「優勝目指して頑張りたいです」と意気込みを語っている。

【写真特集】山口すず夏「優勝目指す」と気合十分

 ◇畑岡奈紗選手

 ――先週は久々のオフでしたが、どのように過ごしましたか?

 ずっと、練習していました。

 ――シーズン中にできないトレーニングをすると言っていましたが、どのようなトレーニングをしましたか?

 バーベルを使ったり、ウエートトレーニングをやりました。

 ――日本からトレーナーやコーチが来て、特に取り組んだことはありますか?

 もう1回、スイングチェックをやったり、4戦連続で、しっかりトレーニングができていなかったので、体作りをやりました。

 ――調子はどうですか?

 ショットもパットもイマイチですね。

 ――球が左右どちらかに出たりすることはありますか?

 両方ありますが、そこまで曲がり幅がひどいわけではなくて、逆球が出たり、打ちたいボールでなかったり、曲がらなかったりです。

 ――今週は新しいチーム戦ですが、コースの印象はどうですか?

 すごく歴史の古い印象のコースで、木が高く、曲げると大変だというのと、グリーンがポアナのようで、速さとタッチを合わせるのが難しそうです。

 ――15番から18番などティーショットが重要になるホールが多そうですが、キーになるホールはありますか?

 18番は池があるだけで、グリーンもフラットなので、あまり気にならないですが、14番あたりから難しくなってくると思います。

 ――山口選手には、偶数ホールは畑岡選手がティーショットを打つと聞きましたが、どのようにして決めたのでしょうか?

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 23:45
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事