ここから本文です

楽天・則本昂「今日は山岡に完敗」援護なく今季初黒星

7/17(水) 8:30配信

デイリースポーツ

 「オリックス1-0楽天」(16日、京セラドーム大阪)

 右肘手術から復帰後、2試合目の登板となる楽天・則本昂大投手(28)が快投を見せるも、打線の援護がなく今季初黒星を喫した。

 初回に先頭の福田を遊撃内野安打で出塁を許し、1死一、三塁から吉田正の中犠飛で先制点を奪われた。だが、二回以降は「自分の仕事はしっかりできたと思う」と完全投球を展開した。

 七回には直前の攻撃で味方がオリックス先発・山岡の前に3者連続三振に斬られると、「3、4、5番だったので、全部三振に取るつもりでマウンドに上がった」とオリックスの中軸を3者連続三振に斬り、試合の流れを呼び込むべく力投を続けた。

 それでも、攻撃陣は山岡-ディクソンの継投の前に無得点。今季10度目の完封負けとなった。平石監督は「ノリは前回よりも良かったと思う。言うことない投球だった。この内容で負けを付けてしまって申し訳ない」と右腕をねぎらった。

 則本昂のオリックス戦連勝も9でストップ。「それ以上に山岡が良かった。今日は山岡に完敗かなと」と話し、相手先発の好投に脱帽していた。

最終更新:7/17(水) 8:56
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事