ここから本文です

平成の怪物中日・松坂に令和の冷遇 与田監督は及第点もチーム内では評価二分

7/17(水) 16:40配信

東スポWeb

 中日・松坂大輔投手(38)が16日、昨年9月13日の阪神戦(甲子園)以来306日ぶりに一軍マウンドに戻ってきた。16日の阪神戦(ナゴヤドーム)は勝ち負けこそつかなかったが、5回91球を投げて4安打2失点にまとめ、チームの6連勝をアシスト。だが、球団内では厳しい声も上がるなど昨季との“温度差”も見え隠れしている。「平成の怪物」は、令和ではどうなってしまうのか…。

 春季キャンプでファンと接触して右肩を痛め、二軍調整を行ってきた松坂が満を持して登場だ。

 立ち上がりは不安定さを露呈した。初回に近本、糸原に連打され糸井の犠飛であっさり先制点を献上。逆転してもらい1点リードの3回二死一、二塁でも糸井に適時二塁打を浴びて同点にされた。しかしその後、二死満塁のピンチを招くも陽川に渾身の球を外角高めに投げ込み見逃し三振に斬って落とした。

 最速は142キロを計測したが、直球は1割程度で変化球中心のピッチング。苦しみながらもなんとか5回まで投げ切った。与田監督は「まだまだ満足はしていないけど、5回までしっかりゲームをつくったし、ピンチのときに次の失点をしない粘り強さも出してくれた。非常に気合も入っていた」と及第点を与えた。

 松坂は「なかなか満足できるような投球ではなかったけど、結果、チームの連勝を止めずに済んでよかった。久しぶりにゲームの中で腕を振って投げることができた」と振り返った。

 昨季は中6日で投げたのは一度だけで、基本的には中10日以上の間隔を空ける“投げ抹消”を繰り返した。気になる次回登板について、与田監督は「(一軍登板の)可能性は高い。大輔を一軍に上げるにあたって特に気をつけないといけない。明日以降しっかりチェックして決めたい」と慎重に話した。しかし、投げ抹消について指揮官は「その可能性はある」と話すものの、松坂は「できれば中6日で行きたいけど、そのへんも含めて監督と話している」としており、本人の希望通りになるかどうかは微妙だ。

 チーム内ではこの日の松坂の投球について評価する声もある一方、厳しい声も出ている。チーム関係者は「今日は元気のない阪神打線に助けられただけでよく2失点で収まったという内容。制球が悪く、直球のスピードがないので変化球頼みで今のままでは苦しい。相手が巨人やDeNA、ヤクルト打線だったらどうなっていたか分からない」とバッサリ。

 ピンチを背負いながらも切り抜けるのが“松坂らしさ”ではあるものの、伊東ヘッドコーチも「あの年だし、去年久しぶりに投げてある程度負担もあったと思うし、その中でキャンプでああいうアクシデントがあった。もう投げられないかと思ったけど、そういうことを考えれば今日の内容で十分だけど」と辛口だった。

 さらにそんな松坂は試合前から特別扱いを“剥奪”されていた。昨季までの森(現シニアディレクター)政権では、登板日は自由調整を許されており、ナイターなら通常午後2時すぎから始まる全体練習にも顔を出さず、午後3時に球場入り。午後5時すぎにランニングや遠投を行ったりしてきた。それがこの日は首脳陣から「(みんなと同じ)練習時間に来てくれ」とのことで昨季までのルーティン変更を余儀なくされた。

 昨季まで首脳陣からVIP待遇を受けてきた松坂だが、今季は昨季までのようにはいかない。これが普通といえばそれまでだが「平成の怪物」は「令和の冷遇」をどうやって乗り越えるか。

最終更新:7/17(水) 16:46
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 16:50

あなたにおすすめの記事