ここから本文です

米次官補「韓日対立の解決努力支援」

7/17(水) 16:57配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】訪韓中のスティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は17日、韓国政府の当局者らと相次いで会談した後、記者団に対し、韓国と日本の対立が強まっていることについて「韓国と日本はこの敏感な問題を解決すべきで、早急に解決策を見つけることを望む」とし、「米国は近い友人かつ同盟国として、(対立の)解決に向けた努力を支援する」と述べた。

 また、「韓日関係の緊張状況に大きな関心が集中していることを知っている」と表明。「非常に深刻に受け止めている」と述べた。

 その上で、「米国は近い同盟国である韓国と日本との関係を強化することに非常に大きな比重を置いている」とし、「韓日間の協力がなければいかなる重要な課題も解決できない」と強調した。

 韓国外交部の尹淳九(ユン・スング)次官補はスティルウェル氏との面会で、日本が韓国に対する輸出規制を強化したことについて意見交換したと明かし、「われわれの立場を説明し、スティルウェル次官補は米国も対話再開を通じ、問題解決を支援できるよう努力していくと話した」と伝えた。

 韓日の対立の解消に向け、米国が今後どのような役割を果たすか注目される。

 スティルウェル氏は同日午前、韓国青瓦台(大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長や外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長とそれぞれ面会し、午後には尹氏と会談した後、同部の康京和(カン・ギョンファ)長官を表敬訪問した。

最終更新:7/17(水) 16:58
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事