ここから本文です

ついに(一部)完成、東横線廃線跡地の遊歩道 桜木町駅付近の約140m、早速行ってみた

7/17(水) 12:15配信

ねとらぼ

 横浜市が整備を進めている東急東横線の廃線区間(横浜駅~桜木町駅)の一部が、遊歩道として利用できるようになりました。

【写真】完成した遊歩道の様子

 2019年7月16日に開通したのは、桜木町駅西口広場付近から紅葉坂交差点までの約140メートルの区間です。

 東急東横線の横浜駅~桜木町駅間は2004年1月に廃止。横浜市は横浜都心部における回遊性の向上と地域の活性化を目的に、廃線跡を利用した遊歩道の整備事業を進めています。事業対象区間は全約1.8キロ。当初の予定では2016年度末には整備が完了する予定でしたが、今回完成した紅葉坂交差点から先の区間は、2021年度の完成に向けて工事が進められています。

 横浜市内では「一体いつ終わるの?」で知られる横浜駅と並んで、ここもなかなか進んでいないように見える工事ですが、今回ようやく一部区間が完成して横浜市出身の筆者はほっと一安心。今後ゆっくりとでも進んでいくであろう横浜駅方面の整備が楽しみになってきました。

(大泉勝彦)

ねとらぼ

最終更新:7/17(水) 12:15
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事