ここから本文です

【新馬勝ち2歳・総点検=中京】ギルデッドミラー クラシック戦線に乗ってきておかしくない素材

7/17(水) 21:40配信

東スポWeb

【新馬勝ち2歳・総点検=中京】

★土曜(13日)芝1600メートル=1番人気のギルデッドミラーがV。中団で折り合いをつけ直線で追い出されると一完歩ごとに差を詰め、2着馬をゴール寸前捕らえた。

 先日のセレクトセールで当歳の半弟(父ディープインパクト)が4億7000万円で落札されたことを受けて注目を浴びたが、見事に期待に応えた。

 馬体のつくりや体の使い方などは未完成で、勝ち時計や着差も目立たなかったが、そんな現状でも勝ち切ったのは今後に向けて大きい。重賞路線、クラシック戦線に乗ってきておかしくない素材だ。

★日曜(14日)芝1400メートル(牝)=2番人気のクリアサウンドが快勝。スタートを決めて好位の外につけると、直線力強く抜け出し、ゴール前では余力を残しての初戦勝ちだった。

 デビュー前から坂路で4ハロン49・9秒の好タイムを叩き出し、身体能力の高さは知られていたが、実戦では鞍上の指示に従順でレース運びのうまさも見せた。心身ともに現時点での完成度は非常に高い。距離が延びていいタイプではないかもしれないが、スピードを生かせる2歳重賞、桜花賞路線での活躍が期待できる。

最終更新:8/16(金) 8:54
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事