ここから本文です

ヤフー、アスクルとの提携解消を拒否 アスクルは騒動の経緯を暴露 対立鮮明に

7/17(水) 19:28配信

ITmedia NEWS

 ヤフーと、オフィス用品の通販事業を手掛ける子会社アスクルの対立が鮮明になっている。ヤフーがアスクルに対し、共同で運営するECサイト「LOHACO」の事業譲渡の打診や、岩田彰一郎社長への退陣要求などを行い、アスクルが反発しているためだ。アスクルは7月12日に、ヤフーに資本・業務提携の解消に向けた協議を申し入れたが、ヤフーは17日に「協議は不要」として拒否する考えを示した。

【表】アスクルが発表した、ヤフーとの対立の経緯

12年に資本・業務提携を締結

 アスクルとヤフーは、2012年4月に資本・業務提携を締結。同年10月にLOHACOをスタートした。15年にはヤフーによる出資比率(議決権ベース)を約45%に引き上げ、提携を強化していた。

 アスクルの19年5月期(18年5月21日~19年5月20日)の連結業績は、純利益が前年同期比90.7%減となる4億3400万円に低下。LOHACO事業も14年5月期から赤字が続いており、19年5月期のセグメント損益は約92億円の赤字だった。主力のBtoB事業は伸びており、営業増益も果たしたが、ヤフーは業績不振を理由に、社長交代などを求めている。

 これに対しアスクルは、17日付で公開した文書で「上場企業としての独立性の侵害が顕著になった」「ガバナンスの観点からも看過しがたい、支配株主による強引な株主権の行使だ」などとヤフーを批判。これまで伏せていた、両社が対立に至った経緯を公開した。

19年1月にLOHACO譲渡を打診

 アスクルによると、ヤフーから19年1月15日に、LOHACOの譲渡の可否や、譲渡可能な場合の条件を検討するよう連絡があったという。アスクルはこれを受け、社外取締役・社外監査役からなる「独立役員会」と取締役会で、譲渡すべきか否かを議論。譲渡しないことを決め、2月26日にその旨を伝えた。ヤフーからは「誠実な検討に感謝する」との回答があったという。

 その後アスクルは、5月8日に次期取締役候補者について決議し、現任の取締役を全て再任する方針を固めた。ヤフーから派遣されている社外取締役にも伝えたが、異論はなかったという。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 13:27
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事