ここから本文です

整形公表モデル・吉川ちか、230万円を費やした鼻の整形を終え経過報告「ナチュラルに仕上げてもらいました」

7/17(水) 19:30配信

ねとらぼ

 姉妹で美容整形を公表している双子モデルの姉・吉川ちえさんが7月16日、全身麻酔による鼻の美容整形手術を終え、自身のInstagramで経過を報告しました。

【比較画像】術前に撮影した双子の妹・ちかさんとの2ショット

 ともに雑誌『小悪魔ageha』で活躍し、現在はYouTubeチャンネル「ちえちかちゃんねる」で自らの美容整形についてオープンに情報発信している吉川姉妹。ちえさんは約1カ月前、YouTubeやSNSで鼻の曲がりを指摘されることが多いとして鼻の整形手術を受けることを報告していました。

 「鼻の曲がりを直して鼻先を少し出そう」とちえさんが受けた手術は、鼻骨の基底部を骨切りして内方移動させ鼻の横幅を狭くする「鼻骨骨削り」と、鼻中隔軟骨と呼ばれる部分に軟骨を移植して延長することで好みの鼻尖形態を形成する「鼻中隔延長」。妹のちかさんも2018年9月に鼻中隔延長の手術を受けていました。

 ちえさんはInstagramにギブスで固められ、鼻の中には血を止めるため綿を詰め込まれた鼻がはっきりと分かる術後の写真を投稿し、5~6時間に及んだという手術が無事終わったことを報告。Instagramのストーリーズでは、ダウンタイム(施術後の腫れなどが回復するまでの期間)の様子や、今回の手術で230万円を支払ったこと、移植した肋(あばら)軟骨は妹のときと異なり、胸の下から一段下がった場所から取られており、傷跡が残らないか気をもむ内容を投稿しています。

 今回の手術を含め、総額で700万円を美容整形に費やしたちえさん。ファンからは術後をいたわる声の他、同じく鼻中隔延長を考えているという人物から軟骨を取る場所についてアドバイスを求める声などが寄せられています。美は一日にしてならず……。

ねとらぼ

最終更新:7/17(水) 19:34
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事