ここから本文です

芥川賞に今村夏子さん 直木賞は大島真寿美さん

7/17(水) 18:39配信

共同通信

 第161回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」春号)に決まった。前回に続いて候補入りした社会学者、古市憲寿さん(34)の受賞はならなかった。

 初めて候補全員が女性だった直木賞には、大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(文芸春秋)が選ばれた。

 今村さんは広島市生まれ、大阪市在住。著書に三島由紀夫賞受賞作「こちらあみ子」などがある。

 大島さんは名古屋市生まれ、同在住。「ピエタ」など、人気作を多く刊行している。

最終更新:7/17(水) 19:35
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事