ここから本文です

ヤクルト西浦が負傷交代 二盗を仕掛けた重信と交錯 痛みでうずくまる

7/17(水) 21:37配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト-巨人」(17日、神宮球場)

 ヤクルト・西浦がアクシデントに見舞われ、負傷交代した。

 九回、無死一塁、遊撃での守り。二盗を仕掛けてきた重信に対し、西浦はベースカバーに入った。一塁寄りへそれた送球を何とか捕球しようと試みたが、滑り込んできた重信とグラブを持った左腕が交錯。もん絶した西浦はその場でうずくまり、しばらく立ち上がることができなかった。

 トレーナーとともに歩いてベンチ裏へ。そのまま交代となり、奥村が遊撃の守備位置に就いた。

最終更新:7/18(木) 12:41
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 21:10

あなたにおすすめの記事