ここから本文です

『トイ・ストーリー4』唐沢寿明&竜星涼、フォーキー作りに挑戦 手作りおもちゃの良さを実感

7/17(水) 20:00配信

オリコン

 ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』(公開中)のシリーズ1作目が、日本で初公開された1996年当時からおもちゃたちのリーダー的存在、アンティークのカウボーイ人形・ウッディの吹替声優を務めている唐沢寿明。そして、最新作に登場する新キャラクター・フォーキーの吹替を担当した竜星涼。2人にフォーキー作りにチャレンジしてもらった。

【動画】唐沢寿明&竜星涼がフォキーを作ってみた

 東京ディズニーランド「イーストサイド・カフェ」と東京ディズニーシー「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ」の各スペシャルメニューについているキット(なくなり次第終了)を使い、粘土で土台を作り、先割れスプーンを刺し、目や口、眉のシールを貼り、赤いモールの腕、小さなスティック棒の足を付けて、あっという間にフォーキーを完成させた。

■竜星涼主演でフォーキー実写化!?

――新キャラクター・フォーキーの印象は?

【竜星】みんなをかき回しながらもとても無邪気で、ユニークなキャラクターですよね。

【唐沢】フォーキーが一番難しいキャラクターだと思った。海の物とも山の物ともつかぬ、未完成なキャラクターだったからね。

――竜星さんはフォーキーに似ている、ぴったりだと思っていたんですが…。

【竜星】それはどういう…。縦長ってことですか?

【唐沢】実写化できるよね(笑)

【竜星】どうやってですか(笑)

【唐沢】えっ? モジモジくんみたいな…

【竜星】白い全身タイツで?(笑)

――フォーキーを作った感想は?

【竜星】何をどうやってもかわいらしくなるのがフォーキー。決まったゴールがない。自由にやれるのが手作りおもちゃのいいところですね。

【唐沢】いいよね、自分で作ったものは。大人になっても、いくつになっても。(モールを)2回巻いたら腕が短くなっちゃった(笑)

【竜星】オリジナリティですよ、それが。

【唐沢】キットがなくても、家にあるものでおもちゃを作ってみると、子どもは喜ぶんじゃないかな。手作りのものって、愛着が湧いてくるし。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 7:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事