ここから本文です

ジャック・ホワイト、ボブ・ディランとの共作「話せればいいんだけど、話せない」

7/17(水) 13:12配信

BARKS

ジャック・ホワイトが、『Rolling Stone』誌のインタビューで、彼の「メンターでありいい友人」だというボブ・ディランについて語った。

◆ジャック・ホワイト画像

ディランから何か心に残る言葉をかけられたことはあるかと問われたホワイトは、こう答えた。「年中だよ。彼は僕にとって偉大なメンターであり、いい友人でもある。彼と1回会話できただけだとしても、僕はラッキーだ。それ以上のことはボーナスみたいなものだ」

人々が知らないディランの一面について尋ねられると、「彼はとても複雑だ。名声を得た多くの人たちは、それがほんの少しだったとしても、多分、誰も体験しなくてもいいことを体験することになる。僕は部屋に入ると、自分はそこにいる人たちを委縮させてるんだなって感じる。どうしたらいいのか、わからないよ。ディランのような人たちはそういうのを避けることにしたんだと思う」と話し、一緒に曲を作ったことはとの質問には「それについては話せない。話せればいいんだけど、できない」と、意味深に答えた。

ホワイトは先月、ザ・ラカンターズの11年ぶりの新作『Help Us Stranger』をリリースし、全米1位を獲得した。彼らは来月、開催の危機が報じられる<Woodstock 50>に出演予定だが、ひと月後に迫ったいまも、「どうなっているのかわからない」状況だという。

Ako Suzuki

最終更新:7/17(水) 13:12
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事