ここから本文です

台風5号 進路を北よりへ 沖縄は高まる波に注意

7/17(水) 10:00配信

ウェザーニュース

 台風5号(ダナス)は17日(水)9時現在、フィリピンの東の海上にあって、西に時速10kmで進んでいます。

 中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。今後はやや北寄りに進路を変えながら、やや発達する見込みです。

 ▼台風5号 7月17日(水)9時現在
  擾乱種類   台風(TS)
  存在地域   フィリピンの東
  移動     西 10 km/h
  中心気圧   994 hPa
  最大風速   18 m/s
  最大瞬間風速 25 m/s

 南西諸島の太平洋側ですでに波が高くなり始めており、台風の北上に伴って、さらに波は高まってきます。今日は日差しが届いて夏空が広がっているものの、海のレジャーは注意が必要です。

梅雨前線に影響し大雨のおそれ

 台風は今週後半にかけて北上する予想で、先島諸島には18日(木)~19日(金)頃に最も近づくと見られます。まだ東西の進路のブレが大きく、その後は中国大陸に上陸する可能性から、九州に近づく可能性まである状況です。

 いずれの進路を進んだ場合でも、日本付近に停滞する梅雨前線に湿った空気が流れ込みやすいため、西日本を中心に大雨のおそれが高くなっています。最新情報の確認をお願いします。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風5号のダナス(Danas)は、フィリピンが提案した名称で、「経験すること」という意味です。

ウェザーニュース

最終更新:7/17(水) 10:27
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事