ここから本文です

6月6日以来の真夏日200地点 関東は15日ぶりに30℃突破

7/17(水) 16:54配信

ウェザーニュース

 今日17日(水)は中四国から関東、東北にかけて日差しの届いた所が多く、各地で気温が上がりました。

 15時までに全国266地点で真夏日を観測。200地点を超えるのは、6月6日以来のことです。祇園祭山鉾巡行が行われた京都は33.8℃、岐阜県多治見は33.0℃まで上がるなど、夏本番を思わせるような暑さになりました。

関東 梅雨寒が解消

 また、久しぶりにしっかり日差しが届いた関東も気温が上昇、茨城県大子で31.6℃まで上がったのを筆頭に、熊谷や前橋でも真夏日になりました。

 関東(島しょ部をのぞく)のいずれかの地点で真夏日を観測するのは、7月2日以来15日ぶりです。東京も28.7℃で平年よりわずか0.6℃低いだけでした。

 しばらく続いていた梅雨寒が、ようやく解消したと言えそうです。

明日も30℃前後の蒸し暑さ

 明日18日(木)は梅雨空の戻る所が多く、今日ほど気温は上がりません。それでも関東から西では30℃前後の予想で、蒸し暑さは続きそうです。

ウェザーニュース

最終更新:7/17(水) 16:54
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい