ここから本文です

2019年上半期、展覧会入場者数TOP10

7/17(水) 12:00配信

美術手帖

2018年10月から約4ヶ月にわたって開催された「フェルメール展」(上野の森美術館、2018年10月5日~2月3日)が、2019年の上半期展覧会入場者数でトップとなった。入場者数は68万3485人で、1日あたり5649人が訪れた計算になる。
 
同展では、フェルメールの代表作である《牛乳を注ぐ女》(1660頃)をはじめ、過去最多となる9点(期間限定を含む)のフェルメール作品が並び、会期終盤の2019年1月9日~2月3日には、日本初公開となる《取り持ち女》も展示された。

2008年の「フェルメール展」(東京都美術館、当時の展示点数は7点)では93万人という異例の来場者数を記録したフェルメール。日時指定入場制というチャレンジングなシステム、あるいは前売り券(一般)で2500円という価格設定もあってか、この数字にはおよばない結果となったが、68万人超えは2016年以降の展覧会で最多。根強いフェルメール人気を裏付けたと言えるだろう。

なお、3位には「フェルメール展」大阪展(大阪市立美術館、2月16日~5月12日)が54万1651人でランクイン。両展をあわせると120万人以上という数字となった。

2位は同じく回顧展である「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(東京都美術館、2018年10月27日~1月20日)の66万9846人。1日あたりの入場者数ではフェルメール展を大きく上回る8931人だ。

100パーセントムンクの作品で構成された同展では、オスロ市立ムンク美術館が所蔵するムンク作品の油彩《自画像》(1882)、《絶望》(1893-94)、《星月夜》(1922-24)などを含む、約100点(うち油彩は約60点)の作品を一堂に紹介。なかでも今回が初来日となったオスロ市立ムンク美術館所蔵のテンペラ・油彩画の《叫び》(1910?)が大きな呼び水となったことは間違いないだろう。加えて、他館への巡回がなかったこともこの数字に結びついた要因のひとつと考えられる。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 13:26
美術手帖

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事