ここから本文です

【体罰の呪縛】「強くなるためには厳しさが必要」 保護者の葛藤、体罰止まらぬ「構造」

7/17(水) 10:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

判断求められる保護者

 電話越しの息子は泣いていた。止めどなく漏れる嗚咽が切実さを伝える。涙ながらに助けを求めるわが子の姿を想像し、胸を締め付けられる思いでいると、息子の叫びは頂点に達した。

 「俺、このままじゃ、死んじゃうかも」

 もう迷いはなかった。吹っ切れた。息子を救い出すと覚悟を決めた。

 都内に住む飯田智恵子さん(58)、隆之さん(51)=ともに仮名=夫妻の四男、良二さん(17)=仮名=は中学卒業後に親元を離れ、東海地方の高校に進んだ。野球部に入り、寮生活を送りながら甲子園を目指していたが、入部からわずか2カ月後、指導者から日常的に暴力を振るわれ、暴言を浴びせられるようになった。

 この指導者は中学時代に通った野球クラブの監督だった。高校野球部の指導者に転身するのを機に、「一緒に甲子園に行こう」とスカウトされた。

 良二さんはその言葉を支えに体罰を耐えてきたが、体は正直だった。入部時に体重90キロを誇ったパワー自慢の大型内野手は、食べ盛りのはずが食欲はうせ、9カ月後の年明けには71キロまでやせ細った。みるみるうちにやつれ、目の輝きも失っていくわが子の姿に、両親は居てもたってもいられなかった。

 ある程度の厳しさは覚悟していた。5人きょうだいの末っ子。兄の背中を追って幼少時代からバットを放さなかった。「プロ野球選手になりたい」。野球少年の夢は、いつしか両親の夢ともなり、良二さんの背中を押し続けた。

 智恵子さんは「(指導者は)中学の頃から教えてきたんだから、厳しくなっちゃうのは当たり前だよ」と励まし、隆之さんも甲子園に憧れた自身の青春時代を思い出し、「殴られる程度のことはよくあった」と奮起を促した。

 ただ、電話越しのわが子が発した「SOS」に両親は目を覚ました。脳裏によぎったのは、ある“事件”だった。入部から数カ月後、良二さんが通う高校近くの踏切で他校の野球部員が電車に飛び込み、亡くなっていた。この部員は直前に自校の指導者から厳しく叱責されていた。わが子の「死」は決して杞憂ではなく、十分に起こり得た。退部、そして退学を決めた。

 強くなるためには厳しさが必要―。その呪縛は多くの保護者が共有している。都内に住む伊藤孝司さん(36)=仮名=も長男の翔平さん(17)=仮名=が指導者の無関心という“体罰”に苦しめられるまでは、その1人だった。

1/3ページ

最終更新:7/17(水) 13:43
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事