ここから本文です

沖縄県が新たに国を提訴 辺野古で再び法廷闘争へ 承認撤回を取り消した国決定に不服

7/17(水) 15:44配信

琉球新報

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う埋め立て承認の撤回処分を巡り、総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会(係争委)が沖縄県の審査申し出を却下したことを受け、沖縄県は17日、福岡高裁那覇支部に提訴した。国土交通相が県の承認撤回を取り消した決定に不服があるとして国を相手取って裁判を闘う。辺野古新基地建設を巡って対立する県と国は新たな法廷闘争に突入する。

辺野古埋め立て土砂投入から半年、今辺野古はどうなってる? 埋め立ては大幅遅れで投入土砂は「少量」 「約束違反」で工事加速化狙う政府

 県職員が17日午後3時40分、那覇市の福岡高裁那覇支部を訪れ、訴状を提出した。玉城デニー知事が午後5時ごろ、記者会見し詳細を説明する。

 18年8月、県は仲井真弘多元知事による埋め立て承認を撤回。承認後に判明した軟弱地盤や政府による工事の進め方を問題視した。今年4月、沖縄防衛局からの審査請求を受けて石井啓一国交相が撤回を取り消す決定をした。

 県は国交相の決定を審査するよう係争委に申し出たが、係争委は6月17日、審査対象に当たらないとして却下していた。却下決定が県に通知された日から30日となる7月19日が提訴期限だった。

 17日の提訴とは別に、県は県議会の議決を得て那覇地裁に撤回取り消しの取り消しを求める訴訟を起こす方針で、二つの訴訟が並行して進む見込みだ。【琉球新報電子版】

最終更新:7/17(水) 17:50
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事