ここから本文です

〈今週のカレー〉カレー=酒の肴は常識? スパイス料理をリーズナブルに楽しめるカレー居酒屋

7/17(水) 6:31配信

食べログマガジン

テレビやWEBメディアで大人気の“カレーおじさん \(^o^)/”に今イチオシのカレーを教えてもらうこの企画。今回は、新中野のカレー居酒屋「やるき」を紹介します。

「やるき」

カレーを食べながらお酒を飲む、あるいはカレーをつまみにお酒を飲むというと、カレーマニアではない方からするとまだ違和感があるようで驚かれることもしばしばなのですが、カレーとお酒は合うんです。

そもそもカレーにはターメリック、つまり“ウコン”が入っていますから、カレーを食べながらお酒を飲めば悪酔いしにくいとも考えられるわけで。確かに昔はカレーのお店でお酒を飲むというスタイルは珍しかったかもしれませんが、ここ数年でお酒ありきのカレーのお店も増えてきています。

その中でも特に個性的なお店が東京・新中野にある「やるき」です。カレー仲間が集まって、やるきでカレー宴会。まずは「カレーキャベツ」250円、「やるきポテトサラダ」300円、「さばの開きスパイス焼き」580円をつまみに乾杯。そしてこれ、全てがカレー味なんですよ!

「カレーキャベツ」にはカレーディップがついており、そのカレーがしっかりとしたインドのキーマカレーなのが最高です。

ポテトサラダもカレー的スパイス感で食欲が進み、焼き魚でさえもカレー味で、しかもそれがおいしいんですからカレー好きにはたまりません!

魚に関しては、以前はほっけだったのですが、今はさばに替わったようです。しかし、さばといえばカレーとの相性が最高に良い魚ですからね。いずれにしてもおいしいです。ベクトルが変わっただけでクオリティは全く変わっていません。

続いて串焼きをおまかせで、そして「カレー焼きうどん」600円、「マハラジャナンピザ」480円、「マトンカレーライス」600円と、しっかり食事メニューも。

「串焼き」は、タンドリーチキン味の焼鳥をはじめ、鶏レバー、砂肝、ビーフがそれぞれスパイスで焼かれていて食欲が進みますしお酒との相性も完璧です。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 6:31
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事