ここから本文です

キャリア教育の新規事業 17歳の挑戦 大学へインターン実施/富山

7/17(水) 15:39配信

チューリップテレビ

 県が推進するキャリア教育の具体策を話し合う会議が開かれ、今年度の新規事業『17歳の挑戦』の概要が明らかになりました。
 会議は、人生100年時代におけるキャリア教育の具体策を話し合うもので、大学教授などの教育関係者が出席しました。

 今年度初めてとなる17日は、新規事業『17歳の挑戦』で実施するアカデミック・インターンシップの概要が説明されました。
 アカデミック・インターンシップは、大学進学を希望する生徒が大学研究室での実験や実習を体験するのものです。
 受け入れ先は富山大学と県立大学で、今月と来月、普通科と総合学科の2年生125人が参加を予定しています。
 県立高校卒業生のインターンシップ体験率は職業系学科がほぼ100%なのに対し、普通科と総合学科は60%前後にとどまっていて、県では「将来進む可能性のある分野への理解を深め、進学意欲を高めてほしい」としています。

チューリップテレビ

最終更新:7/17(水) 15:39
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事