ここから本文です

JAXAとトヨタ、有人月面探査車の共同研究計画を発表。試作は一般市販車をベースに

7/17(水) 21:19配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

JAXA(宇宙航空研究開発機構)とトヨタ自動車株式会社は7月16日、燃料電池車技術を用いた月面でのモビリティ「有人与圧ローバ」について、試作車の制作や実験などを含む3年間の共同研究協定を締結しました。

「燃料電池車(FCV)技術を用いた『有人与圧ローバ』は、月面での有人探査活動を目的とした月面探査車。宇宙飛行士2名が滞在可能で、過酷な月面を1万km以上の走行できる性能を誇ります。



3年間の共同実験は、2019年6月20日~2021年度末を予定。2019年度には「実際の月面走行に向けて開発が必要な技術要素の識別、試作車の仕様定義」し、2020年度に「各技術要素の部品の試作、試作車の製作」、2021年度に「試作・製作した部品や試作車を用いた実験・評価」となっています。なお、試作車は一般市販車をベースに改造した車両が用いられます。

また、2022年以降は 1/1スケール試作車の製作・評価し、2024年以降にエンジニアリングモデルの設計・製作・評価および実機を設計。2027年以降に実機の制作・性能品質を検証する予定となっています。

sorae編集部

最終更新:7/17(水) 21:19
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事