ここから本文です

G-SHOCK「マッドマスター」にもカーボン採用モデル登場

7/17(水) 21:00配信

&GP

気密性が上がり、より高い防塵・防泥性能を獲得

過酷な状況下での使用が想定されたマスターオブGシリーズの「マッドマスター」から、カーボンを身に纏ったNEWモデルの「GG-B100」(4万5000円)が登場しました。

【カラーバリエーションはこちら】

「マッドマスター」は、陸地での極限状況に耐えうる性能を持ったモデルで、耐衝撃、防塵、防泥の性能に秀でているのが特徴。オフロードでのモータースポーツや土木作業など、プロフェッショナルな現場でも力を発揮してくれます。

カーボンの採用により大きく変わったのは、やはり耐衝撃性能。“カーボンコアガード構造“ は、カーボンファイバー強化樹脂製ケースで繊細なモジュールをがっちりガードしてくれます。ケースが強固になったことによって、ボタンガードがなくなり見た目もスッキリ。ボタンも押しやすくなっているので、バイクなどでグローブをしていても操作に支障がありません。

また、破損や変形しにくいカーボン素材の気密性と、泥の侵入を防ぐフィルターによる “マッドレジスト構造“は、より高い防塵、防泥性能を発揮。3層構造の“カーボンファイバー インサートベゼル“や、裏面の “グラスファイバー 強化樹脂バックカバー“ は、耐衝撃や気密性を高めるだけでなく、タフなパーツがデザインを引き締めています。

機能面では、従来の方位、高度/気圧、温度計測のトリプルセンサーに加えて、歩数計測が可能な加速度センサーを内蔵。専用アプリの「G-SHOCK Connected」と連携すれば、高度と歩数計測値から消費カロリーを算出し、記録も可能です。

バンドと文字盤のカラーが異なる3色を展開。スポーツやアウトドアでの活用はもちろん、ゴリゴリのタフな見た目は街中でも圧倒的な存在感を放ってくれるはず!

(文/&GP編集部)

最終更新:7/17(水) 21:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事