ここから本文です

食道がんを患い、6億の借金...「死ぬのは怖くない!」屋上の手作り露天風呂で夕焼けを味わう74歳

7/17(水) 22:01配信

テレ東プラス

今回は、千葉県・京成バラ園で出会った沼野さんのおうちにお邪魔しました。

現在74歳で、住んでいるマンションは自分で建てたという沼野さん。マンションの屋上ではお花を育てているということで、自宅に到着してからすぐに屋上に案内してくれました。

屋上には鉢植えに植えられたキレイなお花がたくさん。すべて沼野さん1人で育てているのだとか。足元が危ない屋上に手作りと思しきハシゴを発見しました。沼野さんいわく「上がお風呂になっている」とのこと......。

ハシゴをのぼると小さな湯船が......。ここにたま~に入って露天風呂気分を味わうそう。沼野さんは「今も入れるよ!」といい、その場で中に溜まっていた水を抜き、泥を洗い始め、改めて溜めたお湯の中に服のままイン!(笑) 夕焼けの時間にほどよい湯加減でとても気持ちがいいようです。

沼野さんが暮らしているのはこのマンションの2階。12帖1Kのお部屋です。壁にはお菓子が入った袋がたくさん吊るされていました。吊るす収納が好きなようで、愛犬の遺骨まで袋に入れて吊るしている沼野さん。

本棚には、コーラスで使う楽譜がいっぱい並べられていました。テノールのパートを担当していた沼野さんでしたが、食道がんを患い、声帯を痛めてしまったことで最近はあまり歌えていないそう。固いものが食べられないので、普段の食事は雑炊がほとんどだといいます。

また、気になるのはお部屋にあるおトイレのようなもの。大きな容器に便座を乗せ、夜にトイレで目が覚めたときにすぐ用を足せるように作ったようです。

このお部屋と別に「事務所」のお部屋もあるそうで、そちらも見せてもらうことに。住んでいるお部屋のすぐ目の前にドアがあり、マンションの離れのように作ってある事務所は、ケアマネージャーなどの介護職を行なうためのもの。

子どもが独り立ちしてから始めたケアマネージャーのお仕事ですが、その前は寝具店や婦人服店、貸しレコード店などで年間に売上21億円ほど稼いでいたといいます。

1/2ページ

最終更新:7/18(木) 22:26
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事