ここから本文です

【ラグビー】ジョセフHC、PNCで若手にもチャンス与える。「いろいろ試したい。W杯で通用するか見たい」

7/17(水) 18:51配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕まであと約2か月。6月9日から3クールに分けておこなわれてきた日本代表の宮崎合宿が7月17日で終わり、ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチが総括の会見を開いた。
「非常にいい合宿ができたと思う。ほとんどの選手がストレングスとコンディショニングの測定で自己ベストを記録した。怪我人は出たが、ワールドカップに影響するような深刻な怪我人は出ていない。非常に成功したという手応えを感じている」

 宮崎合宿最終日には、日本国国歌『君が代』に歌われている「さざれ石」がある日向市の大御神社(おおみじんじゃ)を訪れた。
「自分としては、選手たちが心身ともに非常にコミットしてくれた合宿だったので、締めくくりとして神社に行ってお祈りをするのは非常に大事だと思った。いろんな文化、いろんな国籍の選手たちがこのチームにはいるので、あそこに行くことで、日本の文化に自ら触れてもらうことが大事だと思った。特に外国出身の選手たちはいろいろ感じたと思う。試合で誇りをもって国歌を歌うためにも非常に大事なことだと思ったし、合宿の締めくくりには最適なことだと思った」

 7月27日からはパシフィック・ネーションズカップ(PNC)に臨み、ワールドカップ2019にも出場するフィジー代表、トンガ代表、アメリカ代表相手にテストマッチをおこなう。
「プレッシャーがかかってくると思うが、しっかり準備をしてきたので練習でやってきたことを試合につなげたい」と指揮官。PNC初戦でぶつかるフィジー代表は、先週末にニュージーランドのマオリ代表“マオリ・オールブラックス“を62年ぶりに倒しており、「非常に強いチームだと思う。いままでの典型的な(ボールを変幻自在に動かすだけの)フィジーとは違うと思う。我々はタフなトレーニングを続けてきたが、実際のゲームで鍛えるのが久々なので、初戦としてはかなり手強い相手だと思う。ワールドカップへ向けてのファーストステップととらえている」と語った。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事