ここから本文です

【増税前の疑問】消費税が10%になる前に急いで家を買う必要性はあるのか

7/17(水) 19:10配信

ファイナンシャルフィールド

2019年10月、消費税率が上げられます。100円で2円ですが、100万円だと2万円。1000万円だと20万円。2000万円の住宅を購入される予定であれば、プラス40万円の出費になってしまいます。

しかし、購入して増税前の9月30日までに引き渡されるのであれば8%です(8%での請負契約の場合は2019年3月31日までで、この場合の引き渡しは10月1日過ぎても8%です)。急いだ方が良いのでしょうか?

10%になってから買うと、住宅ローン減税が3年延びる

消費税10%の引き上げに対して、消費が落ち込まないように様々な対策がされています。住宅購入に関する税制改革の一つに、住宅ローン減税の拡充(3年延長)があります。

10年目までは現行通りで、住宅借入金の年末残高×1%ですが、11年目からは
(1)住宅借入金等年末残高(最大4000万)×1%
(2)住宅購入価格(税抜き)(最大4000万円)×2%÷3(最大26万6666円)
のうち少ない金額の方となります。2%の増税分は11年目からの3年間で取り戻せます。

この改正は、2019年10月1日から2020年12月31日までに「住宅の用に供した」場合に適用されます。認定住宅の場合は、10年目までは最大50万円、11年目からは最大33万3333円となります。所得税で引き切れない場合は、住民税から差し引きます。

10%になってから買うと、住まい給付金が多く貰える

住まい給付金も拡充され、2021年12月31日まで延長になります。収入が一定以下で、住宅を取得し登記上の持ち分を保有すると共にその住宅に住む方が対象です。住宅ローンを利用しない現金取得者は、50歳以上の方が対象になります。

収入要件についても、8%の場合、都道府県民税の所得割額が6.89万円以下で30万円の給付金に対し、10%の場合は、所得割額が7.6万円以下で50万円の給付金となります。

住宅ローンを利用する場合は、消費税増税分を住宅ローン減税の11年目以降で埋めてしまうので、住まい給付金の対象に該当すればその分まるっと得をします。

例えば、都道府県所得割が7.6万円の場合、8%の時は20万円の給付になりますが、10%になれば50万円の給付に該当するため、実に30万円得をします。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 19:10
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事